2019全国カンファレンス基本理念トレーナー

基本理念 (A)

人生とミニストリーの中の福音:第一部青柳聖真日本語
生活とミニストリーにおける福音:第一部ジェレミー・シンク英語
弟子をつくること・弟子として成長させることフィリップ・セス英語
置かれた場所で福音を伝えるために出立哲也日本語
教会内でのリーダー育成ハリ日本語
小グループドゥリュー・チョー英語
日本の土壌における福音の文脈化と分かち合いジョン・メイン英語

基本理念 (B)

人生とミニストリーの中の福音:第二部青柳聖真日本語
生活とミニストリーにおける福音:第二部ジェレミー・シンク英語
弟子をつくること・弟子として成長させることセス・フィリップ日本語
福音伝道英語
リーダーシップアンディー・ロドリゲス英語
小グループ福田真理日本語
日本の土壌における教会増殖とムーブメントジョン・メイン英語

基本理念 (A+B)#1

テーマ:人生とミニストリーの中の福音(日本語)

トレーナー:青柳聖真。千葉県出身。 千葉県にて大学生伝道で7年間奉仕したのち、家族で渡米。 カベナント神学校にて牧会学修士(M.Div)取得後、サンディエゴにあるハーバー長老教会にて教会開拓インターン。 2009年にアメリカ長老教会(PCA)にて按手を受ける。 2011年に帰国後1年間グレースシティチャーチで被災地支援のディレクターとして奉仕。2012年より江東区豊洲にて開拓伝道開始。月島在住。4児の父。

概要


基本理念 (A+B)#2

テーマ:生活とミニストリーにおける福音(英語)

トレーナー:ジェレミー・シンク。名古屋オール・ネーションズ・フェローシップ指導牧師。又、ジェレミーとジナ夫妻は、パートナーシップを組むキリスト聖書学園(CBI)と CPIを通して、若い教会開拓者やクリスチャンリーダーたちのメンタリングや育成に当たっています。

概要:SERGEソンシップのカリキュラムの紹介 (今年開催しているCPIのグレース・ウイークの紹介でもある)。このカリキュラムは、福音のメッセージを自分自身の心に絶えず適用し続けることなく、それを他の人たちに伝えることはできない、という確信に基づいて作られています。人生を変革する福音のメッセージに私たちの心を浸し、それを生きる実践的な方法を考察しながら、この週を過ごしましょう。あなたのチームにとって福音中心の文化を進める助けとなるために、チームの仲間全員をお連れして、是非ご参加ください。


基本理念 (A)#4

テーマ:「置かれた場所で福音を伝えるために」

トレーナー:出立哲也 (おゆみ野キリスト教会/誉田チャペル)

概要:開拓伝道者は誰でも「福音を伝えたい」という熱い思いが持っています。しかし、誰が、誰に、どのように福音を伝えればよいのか分からない場合があります。私たちが置かれた地域で、どのように福音を伝えていけばよいのかを共に考えます。1宣教の聖書原則:宣教のビジョン、2伝道のプロセス:サイドドア伝道、関係作り、スモールグループ、弟子となる、3信徒による伝道:牧師・宣教師だけでなく信徒が福音を伝えるとどうなるか。


基本理念 (A)#6

テーマ:「スモール・グループ」(英語)

トレーナー:ドルー・チョウ。1999年CAJ、2003年UCLA、2007年ウエストミンスター神学校卒業。彼の牧会経験は、2015年東京・品川でニュー・コミュニティー・チャーチでの牧会を開始、今年(2019年)4月からは、川崎市の招待教会の牧会も開始、といった経験が含まれている。

概要:聖書は私たちに互いを愛し合いなさいと教えています。でも実際それをどう実践するのでしょうか?小グループの働きはそれを実践的にどのように可能にするのでしょう。


基本理念 (A)#7

テーマ:「日本の土壌における福音の文脈化と分かち合い」(英語)

トレーナー:ジョン・メイン、ジョンはコンヴァージの宣教師であり、CPIリーダーシップチームの一員でもあります。

概要:もっと効果的に福音を分かち合うために、私たちはどのようにして日本人を理解出来るでしょうか。日本人の宗教的信仰心と世界観に関わりながら、機能的原理を話合いましょう。人間や社会を変革するための文脈化の接点は何でしょうか。このセミナーは,日本人の福音伝道に初めて関わる方々や、経験ある方々のためのものです。


基本理念 (B)#3

テーマ:「弟子をつくること・弟子として成長させること」

トレーナー:フィリップ・セスセスと妻メーガンは2010年からマスタード・シード・ネットワークで教会開拓に携わっています。子どもが3人にいて、京都市に住んでいます。はじめは、開拓まもないマスタードシードクリスチャン教会名古屋を日本語の学校に通いながら手伝いました。2011年に大阪に引っ越し、MSCC大阪の開拓を手伝い、6年間スタッフとして勤めました。2017年に京都市に引っ越し、MSCC京都を開拓しました。

概要:弟子とはなんでしょうか?どのように弟子をつくるのでしょうか?どのように弟子をキリストにあって成長させますか?このクラスでは聖書が語る「弟子をつくること・弟子として成長させること」について勉強し、日本の都会でこの使命を果たすためにどのような機会があるのかを希望を持って学んでいきます。


基本理念 (B)#5

テーマ:リーダーシップ(英語)

トレーナー:アンディー・ロドリゲス。2006年以来、教会開拓を続けている、名古屋のマスタード・シードクリスチャン・チャーチ指導牧師。又、日本の都市部で教会開拓を進めているネットワーク、マスタード・シード・ネットワークのバイスプレジデントでもあります。

概要:教会開拓のリーダー、教会員、家庭の主婦、学生など、あなたがのいづれの立場にしても、私たちは皆互いに影響し合う範囲の内にあります。このセッションは、あなたが神から与えられたリーダーシップの責任が如何なるものであれ、その中であなたの成長の助けとなるように、キリスト中心のリーダーシップの理念と習慣を実践するのに役立ちます。


基本理念 (B)#6

テーマ:スモールグループ(日本語)

トレーナー:福田真理。グレースシティー東京の主任牧師及び教会開拓者。教会開拓に携ってほぼ30年になる。

概要:小グループはキリストの福音を人格的に経験するために不可欠な福音のコミュニティです。それによってクリスチャンもそうでない方々も、心と人生を作り変える福音のリアリティを本当の意味で知ることができます。 小グループのミニストリーにどのように取り組んだらよいのか一緒に学びましょう。


基本理念 (B)#7

テーマ:日本の土壌における教会増殖とムーブメント (英語)

トレーナー:ジョン・メイン、ジョンはコンヴァージの宣教師であり、CPIリーダーシップチームの一員でもあります。

概要:日本において教会の再生や増殖のムーブメントは起っているでしょうか。皆さんが如何なる段階にいるとしても、こうしたコンテクスト(文脈)のなかで,教会は如何にして再生し増殖するかについて、このセミナーにご参加下さり、共に夢を見、考察しようではありませんか。私たちは教会の再生、教会開拓ムーブメント(CPM)を促進し、健康的に成長する教会を開拓するためのビジョンと実践にハイライトをあてます。ここでは最近出版された“日本の土壌における教会増殖”の最新状況について話し合います。

Comments are closed.